image02

賃し事務所を条件で選ぶ際は

img

賃し事務所を条件で選ぶ際は、耐震構造が優れた事務所から探すようにするべきでしょう。近頃の地震対策への意識向上も相まって、命にかかわる耐震性能は賃貸事務所といえどももはや必須条件です。さらに、所在地がビジネス街ならビルが多く、交通機関の麻痺で起こる動乱も相まって、震災による危険性は一層拡大しがちです。万一の場合の為に備えて、また、あなたの事業の信用性を維持するためにも耐震性のある事務所を選ぶということは非常に優先度が高いと考えられます。

事務所選びをする時には交通の面を調査することは最も肝心のポイントです。というのも、これから経営を始めるにあたり交通アクセスが良ければ、顧客にも、ここで働く社員にとっても良い立地と考えられるためです。来客者の立場では当たり前ですが、働く者にとっても移動時間が長いほどその分だけ通勤の時間が増えますし、好アクセスのオフィスであるほど能力の高い社員も集めやすいと考えられます。このことを理解の上、賃料の費用負担も検討材料に入れて事務所の検索をしましょう。

事務所を利用するなら、貸し会議室を併せて使うと費用カットできます。事務所に打ち合わせ場所があるのが一番良いのですが、使用しない時間の方が多いものです。なのに高いコストを支払い続けるのはあまり好ましくないになりますね。このような場合、貸し会議室を使ってみるとよいでしょう。貸し会議室にはひと通りのプレゼンや業務に利用される設備やインターネット回線が完備されており、更に短時間の利用から、事務所よりもっと低価格でレンタルできるのです。必要な時間だけ貸し会議室を活用すれば非常に効果のあるコストダウンが可能ですね。

事務所を使っていて更新時期を初めて迎える場合のチェック項目をみてみましょう。もし継続して利用をしたいなら、事前に自動的に更新されるのか、契約更新の事前連絡をする必要があるのか確認しておきましょう。賃貸契約の更新時には多くの場合、月々の賃貸料とは別に更新料や保証料を支払わなければなりません。大家によるのですが、1,2ヶ月分の賃貸料の金額であるのが大多数です。それと、契約更新のタイミングでは次の更新までの期間の賃借料の金額の変更がオーナーに認められているので、賃料の変更がないか注意しておくようにしましょう。