image02

貸し事務所を条件で選ぶ際は

img

貸し事務所を条件で選ぶ際は、賃料の相場を調べておきましょう。どの場所に事務所をおくのか決める時に、賃料の相場を始めに下調べしておくと事務所選びが円滑に進みます。今は検索サイトでエリア別の賃料相場や、物件の坪数別の賃料相場など、様々な側面からの相場の確認が容易にできます。初めは重要視する項目で賃料の相場を探ってみましょう。賃料が想定予算よりも上回るようであれば、予算内に収まるようにちょっとづつ条件を緩めてみるのが良いでしょう。

事務所を借りるなら、断トツで築浅の事務所が良いでしょう。築浅の事務所は、地震対策やセキュリティシステムの面で高機能のシステムが起用されていますし、水回りなどの構造も最新式で大変使いやすくなっています。オフィスのスタッフにとってスムーズに業務できることはもちろん、ゲストにとっても快適で先進的な印象を付与することができるのです。ビル全体の印象というのは知らず知らずの内に企業の印象に影響を及ぼしてしまうのです。家賃は少々割高になるのですが、将来性の高い企業が入っていることが散見されるため、活気がある職場となるはずです。

事務所を契約する前に、そのビルの耐震性を確認しておくようにしましょう。この先地震災害が来た場合の防災として、高度な耐震性が不可欠です。耐震基準を定める法規制は過去何回か改定されているため、いつの時点の建築基準法に準じているのか見ておくことが賢明です。最近は地震についての一般的な意識が高まっていますから、どの賃貸業者でも耐震基準が高いという点を重視して物件紹介を積極的に行っています。安全面は何より優先すべきですので、妥協せず事務所を探すようにしましょう。

事務所の特長は、内装を使いやすいように変更できるという点ですね。内装費用はかかるものの、事業のコンセプトや自分たちの使い方に合わせて、内装を作ることができるわけです。費用面で厳しい場合、居抜き物件で手を加えずに使えそうな内装の事務所があれば、内装工事無しに事務所として使えます。このケースだと高い内装工事が不要ですから大きな費用カットになります。それ以外にも、レンタル料はやや高めですが、スポットでの使用ならレンタルスペースを利用する方法でも便利です。