image02

賃し事務所を条件で検索するには

img

賃し事務所を条件で検索するには、始めにエリアを決める所から始めてみましょう。事務所の移転をする者にとっては、何と言ってもロケーションとアクセスのしやすさが重要課題です。移転先のエリアを決めたら、希望エリアから賃料・設備・セキュリティ面などの条件面で最適な物件を探すやり方が効率的な探し方ですね。あまり希望エリア内でこれといった物件がない場合、ある程度エリアを拡大して再度トライすると良いでしょう。何か一つ軸を設定しておくと事務所検索もスムーズに進みます。

事務所を移転するにあたっての諸経費の詳細について整理してみましょう。どのような事務所に移転する時でも、ほぼ必ず必要なコストと必ずしも掛かるわけではないコストがあります。ほぼ必ず必要になる経費とは、保証金や管理費、不動産業者への仲介料など、契約をしたら賃貸料のおよそ数月分を支払うことになります。一方、必ずしも生じない費用としては、レイアウト設計費や機器類など、事務所設備に必要な経費があります。建物の改装については、費用を割り振って大きく手を加える必要があるか、既存のレイアウトをアレンジしてコストダウンするかは自分たち次第で変えられます。

事務所を借りる時の最初の費用にはどんな費用があるか見てみましょう。敷金や礼金、仲介料などは通常の賃貸マンションなどと同じですね。事務所で特有の初期費用としては同じビルの他のテナントや建物のオーナーに損害を与えた場合を保障する保険や家賃滞納に対する賃貸保証料などの費用が挙げられます。他に、社名の広告看板など、エクステリアを工事するという場合にはその外装コストもかかります。物件によっては工事業者が指定されていることもありますから確認しておきましょう。

事務所を探す時の注意点を考えてみませんか。事務所を賃貸契約する利点の一つに、内装やレイアウト設計を自由に変更できるという事がありますね。ところが、同時に一般的な賃貸契約の内容には現状復帰義務があることに注意しましょう。これは、物件を契約した当初の状態に原状回復した後で退去しないといけないというものです。ですので、必要以上に大規模なレイアウト工事を実施すると、退去の時に思わぬコストが出てしまいます。退去時の費用にも留意して賃貸の計画すると後が楽になるでしょう。