image02

貸し事務所を移転する時に格安な方法を考えてみましょう

img

貸し事務所を移転する時に格安な方法を考えてみましょう。事務所移転を格安の条件で実行したいなら、移転についての作業をまとめて請け負ってくれる業者を利用するのがメリットがあるでしょう。このような移転業者は荷物の運搬から事務所内装の設計・施工、電話回線や機器類の配備などワンストップで行ってくれます。自社自ら直に手配を掛ける為、不必要な仲介費用が不要で、しかも伝達も迅速に行われます。引っ越しに関する各アクションについて専門的なルートを持っているため、格安な手配が可能なのです。

事務所に入居している会社が更新時期を迎える場合の気をつける点をみてみましょう。そのまま継続して利用をしたいなら、前もって契約は自動更新なのか、契約更新の申し出が必要なのかを確認しておきましょう。更新時には多くの場合、その月の賃貸料とは別個に更新料や契約事務手数料を払います。物件によるのですが、約2ヶ月程度の賃貸料の金額であることが大多数です。また、契約更新のタイミングでは次の更新までの間の賃料の額の改定が大家側に認められているので、変更がないか注意しておくことが大事です。

事務所を借りる時は、貸し会議室を併せて使うとコストダウンできます。事務所に打ち合わせスペースを確保しておくと都合が良いのですが、遊んでいる時間も結構長いですよね。あまり使わない場所に賃料を払うというのももったいないですね。このような場合、貸し会議室を活用するのが費用が削減できるでしょう。貸し会議室にはひと通りの来客や仕事に必要とされる機器類やインターネット回線が完備で、しかも時間単位で、事務所よりはるかに安く借りられます。必要な時間だけ貸し会議室をレンタルすれば大きな費用カットができるのです。

事務所のレイアウトを検討する時、どんな点に着目したらよいか整理しましょう。事務所に常駐する社員の数や備品や家具のボリュームはもちろんのこと、クライアントの来社はありそうか、打ち合わせスペースが沢山必要になるのか、将来人員が増える計画があるかどうか、どの位の期間使いそうなのかも把握しておきましょう。レイアウト設計業者は事務所の大きさと社員数をもとにレイアウトのパターンを多種多様に作っていますから、それらの希望がある程度まとまったら一度見積もりヲ出してもらうとよりよいアイデアが得られるでしょう。