image02

貸し事務所を選びたいなら

img

貸し事務所を選びたいなら、目的別に選ぶやり方がおすすめです。企業の目的が違えば、高速のネット環境が必要だったり、デザイナーズ物件に代表されるようなセンスの良さが適切だったり、小規模ビジネスのため家賃の安さが第一だったりと必要とする条件が違うわけです。ですから目的を見て物件選びを始めれば多くの種類の事務所から効率的に絞り込むことができるわけです。物件の種類が決まったら、場所やランニングコストなど詳細な条件で段階的に絞り込んでいくのが効率がよいでしょう。

事務所を決める前に、その建物の耐震性を調査して置かなければなりません。いずれ災害が起こった時の防災対策として、しっかりした耐震性が必要不可欠です。耐震基準を定める法律はこれまでに数回改正されていますので、いつの改定の法令に基づいた建物か確認することが肝心です。近年、地震対策についての世論が高まっていますから、殆どの賃貸業者で耐震性に優れているという見地からの物件紹介を積極的に行っています。安全は最も重視すべきですから、納得のいく事務所選びをするのが賢明です。

事務所の長所は、内装を自由自在に変更できるという所です。内装工事費は掛かる一方、企業イメージや自分たちの使い方にぴったりの内装レイアウトを作ることが可能なのです。費用面で厳しい場合、居抜き事務所でうまく使えそうな内装の事務所を探せば、内装の工事なしに事務所として使えます。この場合、高額費用の内装工事が省略されるため、大幅な費用削減ができるのです。その他のやり方として、レンタル料は若干割高ですが、一時的な利用のみならレンタルスペースでしのぐという方法もお得です。

事務所で使うためのオフィス家具をお探しでしょうか。事務所引っ越しの際の移転費用はできる限り安価で抑えたいですよね。賃貸事務所にはオフィス家具も備えてある事務所も最近増えていますし、リース備品を使う方法、その他には、中古品や安価なオフィス家具を活用するという考え方もあります。以上のやり方でしたら、引越し後営業していく中で人の作業動線やスタッフの増員に合わせて設置場所を変えたとしても金銭の面で追加費用が少なくて済みます。その中でもリースは古い家具の売却等の手間が掛からず、とても便利です。